生活

引っ越しの時最初にまとめる荷物は?使わなかった荷物や片付けの基本!

2017/02/26

春先は引っ越しが多いとよく言われます。
ですが引っ越しって唐突に起こったりします。

現に私も春とはまったく関係ない時期に引っ越しをしました。

引っ越し先を決めて、引っ越し業者を決めて、日程を決めて。
電気や水道なども申し込んで。
本当にすべてやりましたが、そこで悩んだことが、

いざ引っ越しの荷物をまとめるとき、どういう順番でまとめるの???

ということでした。
そこで、引っ越し直前に、
どのような荷物の積め方をすれば良いのか。というのをまとめてみます。

「スポンサードリンク」
  

最初にまとめる荷物は?

引っ越し時の荷物の量は人によってまちまちです。
冷蔵庫に洗濯機、空気清浄機に浄水器、その他タンスなどの家具からスタンドミラー。
これらを全部持って行く人も入れば、引っ越し先に準備されているので日用品や服のみの人もいらっしゃいます。

その中から共通して、最初にまとめる荷物は、

「季節外の服」です。

今が夏ならコートやセーターなどはクリーニングから戻ってきた状態で保管されていると思います。
秋や冬なら薄手の半袖シャツなどが逆に衣替えでクローゼットの奥に仕舞われているでしょう。

服飾は「衣、食、住」と言われるほど生活の必需品ですが、季節によっては一切使わないものもあります。
それらは「今」は必要ありません。しかし1年を通じて必ず必要になる時がきます。当たり前ですが。

逆に言うと引っ越し直後は使用しない可能性が高いものになります。

まずはそれら、直近で使用する予定のない衣類を段ボールに積めていきましょう。
(段ボールは引っ越し業者から希望の枚数用意してもらえます。少し気持ち多めでお願いして問題ありません。)
段ボールは引っ越し当日に一斉に封をするように、今は封をせずに放置しておく方が良いです。

昨日使わなかった物はまとめましょう

次にまとめる荷物は、昨日使わなかったものほぼ全部です。
日用品の中にも毎日使用するものとめったに使用しないものと分かれます。
毎日使用するものは…
・はみがき、歯ブラシ
・コンタクトケース、コンタクト洗浄液
・化粧水
・食器洗浄液
・洗濯洗剤
・使用しているティッシュBOX
・etc………

それに比べて毎日は使わないものは…
・残りのティッシュBOX
・はさみ、セロハンテープ、カッター
・使用していないボールペン
・大切にしている小物
・毎日は使っていないノート
・DVD、CD、USBなど音楽や映像データ

書けばキリがありません。
それだけ普段から意識せず多くの日用品を我々は使っています。
ですが、引っ越し準備をしている今は毎日使っているものと毎日ではないものを分ける意識をしてみましょう。

少し前にネットなどで注目された言葉で断捨離というのがありました。
普段使わないものは今後も使わないという言葉がありましたが、認識としてはそれと同じです。

「スポンサードリンク」

普段使っていないものは直近でも必要ありません。
いつか使うかも…と考えていると引っ越し当日まで一切準備ができません。
極端に言いますと、昨日使わなかったものは今日も明日も使いませんので段ボールなり収納箱に入れるなり片付けておけば大丈夫です。

片付けの基本

引っ越し荷物の半分はクローゼットや押し入れに入っている荷物です。
「季節の衣替え」という言葉もあるように日本では季節によって使用頻度が変わる物が多々あります。
また多岐にわたります。

今の季節に合わないものから片付けておくと、荷物の大半はすでに段ボールに入っていると思います。
また昨日使わなかった日用品もすでに段ボールに入っているでしょう。

季節外れの衣類とめったに使わない日用品、消耗品を段ボールにつめたと思います。

いま自宅にあるのは、毎日使用する歯ブラシや食器洗剤、お箸などの日用品。
その他、
・テレビ
・オーディオ
・エアコン
・空気清浄機、浄水器など
・洗濯機、冷蔵庫
・パソコンデスクやテーブル
・ベッド
・眼鏡、化粧水、シャンプーなど

引っ越し業者から聞きましたが、業者の方が気にするのは荷物が段ボールに入るか入らないかだそうです。
おおよそ入らない荷物がどれだけ、どんなものがあるのかで作業量が予想できるのだとか。
上記だと空気清浄機やテレビ、エアコン、ベッドなど。

そこでのこり2つの事を行います。
①段ボールに入る荷物を妥協して片付けて行く。
②段ボールに入らない荷物をキレイに掃除していく。

①段ボールに入る荷物を妥協して片付ける理由ですが、いま残っているのは昨日も使った日用品が多いと思います。
しかし、生活必需品とはいえ片付けていないものが多いとどうしても気になり、結局悩みの種になります。
それなら、引っ越し日までの残り日数を計算して服を最小限に抑えておいたり徐々に冷蔵庫の中身も減らしていくようにしましょう。

②段ボールに入らない荷物をキレイに掃除する理由ですが、大きい荷物は引っ越し業者が持って行ってくれます。
しかし、普段掃除をしていないテレビや冷蔵庫などの後ろなど最悪です。

引っ越し業者は持って行く荷物を清掃してくれる訳ではありません。
荷物はその最悪な状態のまま新しい住居に運ばれます。

せめて大きなホコリだけでも除去しておきましょう。
引っ越し業者の方にも申し訳ないですしね。

まとめ

引っ越し日が近づくにつれモヤモヤした気持ちが募ります。
スーパーで食材が特売だったとしても明日あさってに引っ越す場合、使い切れないので買わなかったり、
今手元にある調味料だけで味付けしたり。
また荷物を増やしたくないのでシャンプーなどがなくなりそうでも予備を購入しなかったり。
引っ越し当日にゴミ出しの日じゃない場合はそれこそどうしようと悩みます。

結局、引っ越しは新居に移るまでどうしても悩みが絶えません。
それなら準備段階で少しでも悩みを減らしていきましょう。

いくら少ない片付けでも1日1カ所を整理するよう心がけて準備していけばスムーズに引っ越しできます。

新しい住まいで素敵な生活が過ごせますように。

「スポンサードリンク」

-生活