生活

風邪を引いた!早く治す方法は?風邪の引きはじめや鼻水や発熱に効く方法は?

2017/02/26

風邪。

一言で言うと発熱と席、悪寒が襲ってくる病気です。
ですが一概にどういう病気かというのが未だ不明な病の代表です。
風邪の完全な治す薬が発明されるとノーベル賞ものだとか。

しかし一般に生活している我々からしたら、ノーベル賞を取るとか取らないとか関係なくて、
風邪を引いてしまうとホント体が重くなります。
テンションも下がり1日の予定もうっとうしくなり一日中寝てしまいたい気持ちになります。

つまり風邪の症状は百害あって一利なし。
一利が一切ない病気なんです。

風邪を引いてしまっては早く治したいと思うのが世の常。

ここでは風邪を引いてしまった場合の良く聞く対策法をまとめてみました。

「スポンサードリンク」
  

そもそも風邪って?

そもそも風邪とは、「風邪」という病気ではありません。
具体的に言うと風邪という病気が解明されていないのが現状です。
具体的にインフルエンザを含め何かしらのウィルスの感染が認められず、何が原因で発熱や悪寒が起こっているか分からないのが総称して「風邪」と言われています。

ですので風邪の症状に関しては完全な対策というのが現時点で発明されていません。
ここが完全な風邪薬が開発されたらノーベル賞ものと言われる所以でしょう。

ですが、逆に言いますと、風邪の諸症状は基礎的な対応が良いということになります。
これは世の病気すべてに通用することでしょう(もちろん世の病原菌を退治するのが前提になりますが)

ですので風邪の引き始めに対する改善方法を熟知すれば病気知らずの道に繋がるということになります。

風邪の引き始めにすること

よく昔から言われているのは
・ネギを首にまく
・卵酒を飲む
・風呂は入らない
などです。これは地域によってまちまちですが…

まず、ネギを巻く。
これはなぜ歪曲されて伝達されたか分かりませんが、首に巻いても効果はありません。
しかしネギには風邪の症状に非常に効果的な側面があります。
しかも緑色の部分と白色の部分両方に。

まず、白い部分ですが、
こちらに含まれる硫酸アリルには血管を広げて血流を促して良くする働きがあり、風邪予防だけではなく冷え性にも効果があります。
また緑色の部分にはカロテンが含まれています。
カロテンは免疫を高めてくれるビタミンAに必要に応じて変化してくれる働きがあります。
また緑色を包丁等で切ってみるとヌルヌルしてますが、このヌルヌルこそがフルクタンという成分で、
ウィルス等の造花や侵入を防いでくれる働きがあります。

「スポンサードリンク」

次に卵酒ですが、卵は万能の食材と言われているほど必須アミノ酸が含まれています。
そして実は日本酒にも他のお酒・アルコール類と比べて必須アミノ酸が含まれているのです。

なぜ卵酒なのか?卵水ではダメなのか?と思ったりしますが、調べてみますと日本酒+卵の組み合わせは風邪の引き始めに非常に効果を発揮する要素があるようですね。

卵酒の作り方は簡単です
※ 未成年でも大丈夫な作り方もあります

・卵1個に対して日本酒200ccを加えて、混ぜる
・かき混ぜながら人肌(上限40度)までかき混ぜて出来上がり
※ 未成年の場合
・卵1個に対して日本酒200ccを加えて、混ぜる
・かき混ぜながら、約2分〜3分沸騰させてアルコールを飛ばす
・沸騰させたら40度までさましてから飲む。

飲みにくかったら砂糖大さじ1杯を混ぜて40度でかき混ぜたら飲みやすくなります。

これが風邪の諸症状に必要な栄養素がとれる卵酒の作り方です。

その他の対策について

まず食べ物に関しては、風邪を引いている以上、体が弱っています。つまり消化が通常より弱いです。
ですので消化の良い食べ物を食べましょうと言われるのはそういった所以です。
おかゆやおじや、胃腸に負担のかかる油のおおい揚げ物を避けて豆腐や納豆を食すると良いでしょう。

また風邪をよく引く人の一番の特徴はのどを乾燥させた人が多いです。
また風邪の引き始めに早く治す方法としてのどを常に潤わせるのが一番です。

つまり、常にマスクです。
日中はもとより寝る際もマスクを付けるのが得策です。

日中は口を閉じていても睡眠中は自然と口が開いて口内が乾燥する人が、実は、けっこういます。
口内が乾燥すると風邪もひきやすく、実は虫歯にもなりやすいのでまったくメリットがありません。
寝ているときも口内が乾燥しないようマスクを着けると、風邪が早くなおりますし、虫歯にもなりにくいのでおすすめです。

マスクは薬局で売っている40個500円前後のものでもけっこうです。
中にはこの価格帯が高いと思われる人もいるでしょうか、
風邪を引いたり虫歯になったりして医者に見てもらう方が、たとえ保険が適用されてても高くなります。

ですので風邪かな?危ないかな?と不安なときはマスクを着けて睡眠をとりましょう。

まとめ

最初にも書きましたら風邪の完全な薬は未だ見つかっていないのが現状です。
また風邪はこじらせると最悪命を落とす可能性もあります。
もちろん症状の原因がウィルスや細菌と判明すれば専用の薬もあります。
そして判明しなければ解熱剤などを活用した上での、貴方の自然治癒力がすべてです。

体の治癒力を高める食事と生活を常にとるようにし、風邪を早期に治せるようにして行きましょう。

「スポンサードリンク」

-生活