イベント

クリスマス。奥さんへのプレゼント。形に残ったり消耗品やイベントのプレゼントを紹介!

2017/02/26

12月に入ると商店街や駅前もクリスマスムード一色になりますね。
最近ではハロウィンが終わるとすぐクリスマスのレイアウトに切り替えるお店もチラホラ見えてきました。

毎年クリスマスになると奥様へのプレゼントを渡していると思いますが、
いったい今年は何をプレゼントすれば良いか、と悩むことはありませんか?
もしくは今年は奥様との記念すべき年だったり。

1年の間に転職したり、子供ができたり、会社で出世したりと色々あったりします。
昨年のクリスマスとは環境が変わったりするとクリスマスのプレゼントの金額や内容にも悩んだりしますね。

ここでは3つの種類を考えてみました。

「スポンサードリンク」
  

クリスマスの奥様への形に残るプレゼント

プレゼントというと一番多いのが洋服やアクセサリなど形として残る品。
いつかプレゼントを見て当時を思い出すとか、いいですね。
しかし形に残るアクセサリや服は実は好みが分かれやすいものです。
偶然奥様がネットやデパートで欲しいって言っていたのを聞いた物なら良いのですが、
同じブランドなのに奥様の趣味と異なるものがありますので注意しましょう。

また少し趣向の変えたプレゼントとして、アクセサリや服と一緒にお花をプレゼントすると喜ばれたという声がありました。
造花ではなく花屋さんで買ってきたお花を添えてみると普段とは違う雰囲気が出せます。

そこに花言葉も考えて選んでみたら最高ですね。

「スポンサードリンク」

消耗品のプレゼント

消耗品と書くと誤解されそうですが、食べ物や飲み物です。
服やアクセサリのようにずっと形として残るものではありませんが、食べ物の趣向はよっぽどずれないと外れることはないでしょう。
食べ物だとその年の流行ものもありますし、ネットやニュースにのっているのは女性の味覚に沿っていますので参考にしやすいものが多いでしょう。

流行ものではなくても、チョコレートなどでも自分で買うにはためらう価格のもの等は喜ばれます。

イベントなどのプレゼント

ご結婚された奥様の声でよく上がっていたのが休暇。癒しでした。
特に子育てをがんばっていたり出産後の場合は子供中心の生活で家が回っています。
その際に逆にサプライズでお祝いされると嬉しい反面困るという声もありました。
またお子様がいらっしゃらなくても普段家事をしてくれている奥様へ慰労旅行などをプレゼントしてみてはどうでしょうか。

海辺にお住まいでしたらクルージングなどがありますし、日帰りの温泉旅行なんかも素敵です。
とくにクリスマスは年末の忙しい時期に重なってきますので、この日だけは家事も含めて奥様に休んでいただく企画をたててみましょう。

まとめ

奥様へのプレゼントですが、どれを贈っても奥様は喜んでくださると思いますが、実はサプライズのイベントやプレゼントが苦手という声もありました。
どこかお店を予約しても女性はお店の雰囲気によって服装も小物も変わるのでどのようなお店なのか知りたいようですね。

男性は結果を重視し、女性は過程を重視するとも言われます。

一番喜ばれるのは2週間ほど前に予算を伝えて、欲しいものを考えて頂いて、当日一緒に買いに行くと、
2週間前から当日までの過程も奥様は楽しんでくださいます。

素敵なクリスマスになりますように。

「スポンサードリンク」

-イベント