車の運転

車の運転のコツ。車線変更時にウィンカーをだしてからの注意点。

車線変更は運転する上で必ず使います。
しかしながらいざ車線を変更しようとすると交差点の右折時と同じような不安があったりします。

右折の場合は対向車線の車が気になりつつ、後方に並んでいる列から急かされているという焦りが生まれたり。
同様に車線変更は対向車線ではなく割り込み先の隣の車線の車が気になりつつ、同じく後方に対する焦りが生まれたりします。

今回はそんな車線変更のコツを紹介します。

「スポンサードリンク」

ウィンカーを出してから曲がるまでの時間

車線変更の際に必ず使うのが指示器。ウィンカーですね。

ウィンカーは余裕をもって出します。
これが当たり前のことのように感じるかもしれませんが、いざその時になると慣れるまではけっこう難しい。
交通量が多い道路だとなおさらです。

ですので意識していれば安全な方法が、
ウィンカーを点灯してから、ちょっと間を置いてハンドルを切るようにしたら安全です。

これはウィンカーの点灯を後列の運転手が、「あ。曲がろうとしている」と動きを警戒します。
その結果、スピードを落としたり車間距離をとってくれるので交通事故に巻き込まれる危険性が下がります。

また曲がる先の車線を走っている運転手も点灯しているウィンカーを見て同じく、「あ。こっち来るかも。」と警戒します。
その結果その運転手は車を気持ち反対側に寄せてぶつからないように動いてくれたりします。

逆にウィンカーを出してから車を寄せるまでの時間が短ければ後方や回りの車も驚きますし、
よくいるマナーの悪いウィンカーを出さないドライバーのように見えます。

ですのでウィンカーを出す際は、
まず、曲がりたい方向にウィンカーを出す。
次に、ハンドルを切らずにアクセルをゆるめ、回りのサイドミラーで回りを見る。
最後に、ゆっくりハンドルを切り車線に割り込みさせてもらう。
という流れが一番の安全運転になります。

割り込みさせてくれない車

車線変更時は隣を走っている車が気になります。
割り込みをするんですから、隣の運転手に不快な思いをさせないかどうかとか。

その際に一つ、絶対に忘れてはならないことがあります。
それは、車線変更をしたい時、隣を走っているドライバーの人の中に、入れてくれる人と入れてくれない人がいます。

つまり、こちらがウィンカーを出していても入れさせてくれない人。
こちらが車線変更できないように前との車間距離を詰める人が、実際にいます。
それを理解しておけば気持ちにゆとりが出来ます。

これは車の運転以外でもあるでしょう。
人と話している時にまったく人の話を聞かない人。覚えてくれない人。
そういう人も個性の一つですし、友人として見てもその点以外で魅力的な方もいると思いますので対人ではあまり問題ではないと思います。

しかし車線変更の際はこの部分が人の嫌な部分を生みます。
それは「ウィンカー出してるのになんで入れてくれないの?」という自分自身の負の気持ちです。

忘れがちになりますが、誰でも運転中は自分主観、自分主義になりがちです。
「もっとスピードあげろよ。」
「そんなに切り返さずに駐車入れろよ。」
「料金払うのをもたもたするなよ。」
という気持ちと同じく、
「車線変更させろよ。」
という、エゴみたいな負の気持ちが芽生えたりします。

「スポンサードリンク」

そんなときにウィンカーを出しても絶対に割り込みをさせてくれない運転手がいると前もって理解していれば、
相手側を悪く思う事もないでしょう。

運転中は自分が少し自分主義、自己中心的な気持ちになりやすい。
そこを意識して運転しておけば安心です。

話が逸れましたが、ウィンカーを出したら逆に車間距離を詰めて割り込みをさせてくれない運転手は必ずいます。
そういう場合はその後ろの運転手が入れてくれる人と期待して速度を落としましょう。

割り込みする時の車の速度

斜辺変更の際によくある問題の一つが、前方の障害物です。
前に停車中の車がいたり交差点だったりで車線変更する時にブレーキを踏みながら進んでいるケースが多くあります。

前に進む速度がすごいゆっくりになってしまい、その状態から横に割り込ませてもらう。
あまりにも前方の車などに近い場合は思わず停車してしまったりすることも。
そして停車している状態から割り込ませてもらったり。

その際、注意しなければならないのは、アクセルの速度です。

信号待ちからスタートしたり、駐車場から出たりなど、停車している状態から車を動かすのは誰もがやっているでしょう。
しかし車線変更するとき、変更先である隣の車はみんなぐんぐん走っています。
その中に割り込む時、おもわず速度をあげて入ってしまいますが、その時に急発進するケースがあります。

アクセルを強く踏み過ぎですね。
その解決方法は、ゆっくりスタートすることです。
アクセルをゆっくり踏むことですね。

隣の車の列はけっこうな速度で走っていて、その中に入るのにゆっくり入るのは後方から煽られたりするかもしれない。迷惑をかけるかもしれない。
そう思っている人もいるかもしれませんが、車の運転中には絶対のルールがあります。

それは、安全運転です。
衝突事故などを起こしてしまったらその車線は通行止めになる可能性が高く、他の車にすごい迷惑をかけます。
また最悪そこから派生して他の事故を誘発することも考えられます。

そんなことを誰も望んでいません。だからこその安全運転。
なれるまでは非常にゆっくりとしたスタートになるでしょう。
でも慣れてきてよく回りを見てみると、けっこうそういう運転手はたくさんいます。
車線変更時にめちゃくちゃゆっくりな運転手は。

またそんなゆっくりな運転手に対して他の車が何かしらいちゃもんをつけてくることもほとんどありません。
もしそんな車に遭遇しても無視してけっこうです。

あなたは誰にも迷惑かけていない。迷惑かけていない以上、文句を言われる筋合いもありません。
クラクションをならしてきたり、ライトで煽ってこられても胸を張って運転しましょう。

まとめ

以上が車線変更時のコツになります。
最後に、車線を変更したら、ハザードランプを2回ほど点灯させると、後方の車に、
「入れてくれてありがとう」という合図になるでしょう。

逆に自分が割り込みをされた際、多少運転手が荒っぽく入ってきても挨拶されたら寛大な気持ちになれると思います。

自分も回りも気持ちの良い運転を心がけましょう。

「スポンサードリンク」

-車の運転