生活

七夕とお盆の関係は?織姫彦星の由来と願い事の仕方をまとめました。

七夕の日には笹の葉に願い事を書いた短冊をぶら下げますよね。

ショッピングモールの広場にはどこからどうやって持ってきたのか分からないくらい巨大な笹が展示されていたりします。

そもそも七夕の由来は何なのでしょうか。

また、短冊の願い事はどんなことを書けば良いのでしょうか。

「スポンサードリンク」
  

七夕とお盆の関係

七夕の由来はいろいろ言われていますが主流となっているのは昔の中国から伝わってきたという説ですね。

ただそれも故人への供養のための棚に飾る幡(ばん)と言われる旗のようなものを作り始める日という、
現在の七夕イベントとは全然違う目的が元だったと言われています。

そして7日の夜に作り始めた旗はそのまま亡くなった先祖が一時的に現世に帰ってくるお盆の行事へと繋がります。

ということで元々は七夕の行事はお盆の行事と関連性があったようですね。

しかし関連性があった日程も旧暦から現在使われている暦になってから七夕は7月、お盆は8月と時期が離れて関連性があまりないようになりました。

お盆の行事が旧暦の7月である8月ではなく現在の暦の7月に行われる土地も事実あるのはその名残でしょう。

そしてもう一つ、七夕の由来と言われるものがあります。

それが乞巧奠(きっこうでん)と言われる祭です。

織姫彦星の由来

乞巧奠は「漢字」の文字の元となった古代中国の「漢」王朝の時代にはすでに行われていた祭で、
機織りの女性が手芸の上達を願う祭だったそうです。

その祭に7月7日に七針に糸を通すと記載があり、それが七夕に繋がったと言われています。

その後牛飼いの男性と天女の織姫伝説とつながり、年に1度しか逢えない織姫と彦星のお話へとなります。

「スポンサードリンク」

天空から地上に下りてきていた天女に牛飼いの男性が一目惚れをし、相思相愛となり結婚する。
しかし天女が親元に連れ戻され年に1度しか逢えなくなるというお話。

この天女が織姫に、牛飼いが彦星へとなったと言われています。

ちなみに牛飼いの男性が天女と親しくなり結婚する話は日本の羽衣伝説と非常に似ていますね。

牛飼いと天女の話は、とある文献では牛飼いが天女の衣類を盗んで求婚を強要したという夢も希望もない話があったり。

羽衣伝説も地域によってお互いが一目惚れだったり、男に強要されてだったり。
親元に連れ戻される話もあれば親元に逃げ帰る話もあったり。

元々は同じ由来かもしれませんね。
どうせなら夢のある話であってほしいですが。

願い事の仕方

短冊へ願い事を書く習慣ですが、乞巧奠のようにもともとは織姫への手芸の上達を願う祭から来たと言われています。

それが短冊へと形を代えて現代に受け継がれたのでしょう。

では願い事はどのようなものを書くべきなのでしょうか。

これは七夕の由来にそってモノが手に入るというたぐいではなく、自分の技術の成長などが良さそうですね。

モノが手に入るようにというたぐいは本来の由来とは少し異なりますし、技術の成長という願い事は短冊に書いて意識して目標を認識することによって達成しやすくなるという心理的なものもあるのかもしれません。

まとめ

あとモノではなく成長の願いならお金もかかりません。

お子さんがいる家庭ならアレが欲しいコレが欲しいとクリスマスのノリで書かれるよりは家計に優しい願い事になりますので、
お子さんがいる親御さんは上手に説得してみてはいかがでしょうか。

「スポンサードリンク」

-生活