一人暮らしの料理

男の一人暮らし!豚肉とタマネギの簡単野菜炒めの作り方!

2017/05/21

いぜん男の簡単飯で豚しゃぶを書きました。

一人暮らしの自炊のメリット!簡単オススメ料理やレシピをご紹介!

前回は沸騰したお湯で肉を茹でる、いわば茹で料理でしたので、
今回は簡単な炒め料理を紹介します。

「スポンサードリンク」
  

豚肉とタマネギの炒め料理

調理の方法としては煮たり茹でたり揚げたりとありますが、おそらく炒めるのが一番やりやすいかもしれません。
どんなサイズでもいいのでフライパンを用意して、油をしいて、具材を投入しぐるぐる混ぜながら火を通す。

それだけですからね。
簡単です。

ただ具材によっては火が通りにくいものがありますし、柔らかすぎてぐちゃぐちゃになってしまうものもあるので注意が必要ですが、
料理に慣れていない時は簡単な

「豚肉とタマネギの肉野菜炒め」

がおすすめです。

なぜおすすめか…

まず豚肉は栄養素が高い。とかよく書かれていますが、特別豚肉だけ栄養素が高い訳ではないんですよね。
鶏肉も牛肉もそれぞれ栄養素は高いです。

ではなぜ豚肉がオススメなのか。それは比較的豚肉は手頃な価格で購入できるから。
鶏のムネ肉も手頃に買える肉ですが、とり肉は下準備しないとけっこうしんどいんですよね。特にムネ肉は。

そしてタマネギ。

スーパーでタマネギを探してみると常温で山積みされてると思います。
タマネギは常温で保存できるし日持ちも良い野菜です。

それに栄養素も高い。それしか言ってない気がしますが。

豚肉とタマネギ。
たったこれだけの具材だとそっけない色合いになるので見た目は悲しい感じになります。

でもそれでも良いのです。
料理の色合いは料理に慣れてきてから考えて行けばいいと思います。

慣れるまでは味です。そして簡単さと美味しさを追求しましょう。

かんたん肉野菜炒めの作り方

では調理方法です。

材料
・豚肉…好きなだけ
・タマネギ…1個(半分でも大丈夫)

「スポンサードリンク」

最初に準備します。
タマネギ切りましょう。

切り方。自由でいいです!
一口サイズに切れば大丈夫。

よく料理の本やレシピサイトとかに書いている切り方は、料理に慣れてきてから覚えれば良いので、最初は自分で料理する楽しさを感じましょう。

・まずフライパンに油をしいて熱します。
量は500円玉から握りこぶしくらいの大きさで。

・温かくなってきたら切ったタマネギを投入。
固かったタマネギが曲がってきて柔らかくなってきたら、

・豚肉を投入します。
入れる際は気持ち広げて投入していくと火の通りが早くなります。
豚肉の赤い色がなくなり焼き色がついていきたら、

・調味液を投入!豚肉とタマネギに液を絡ませます。
調味液は、
・醤油:みりん:料理酒=1:1:1の割合で。割合が合っていれば量は好みでけっこうです。
ですので計量スプーンがなければ食事用スプーンで全部2杯ずつとか、1杯ずつとかでも作れます。

・出来上がり!
お皿に入れて完成!

注意点としては、ちゃんと豚肉に火が通っているかどうか。
生の肉にはウイルスや細菌、寄生虫がいます。豚だけではなく鶏や牛にも。

特に豚肉の生は危険度が高いと言われます。
ですので火がちゃんと通っているかどうかが重要なわけです。

それ以外は、もし失敗してたら次回直せばいい。
味が薄かったなーと思ったら調味液の量を増やしたり、
タマネギ固かったなーと思ったらもうすこし炒める時間を長くとったり。

あ。あと重要なのが火加減です。

火は気持ち弱めで大丈夫です。

最初強火で料理し始めるとほとんどが強すぎて肉もタマネギもこげてフライパンの中がえらいことになったりします。
熱伝導率の高いフライパンならなおさらじゃっかん弱火で作る方が失敗しないでしょう。

まとめ

ある程度作り慣れてきたらバリエーションを変えてみてはいかがでしょう。
タマネギの代わりにピーマンとか。代用じゃなくタマネギとピーマン両方入れてみたり。
調味料のみりんをお酢に代えてみたり。ラー油を入れてみたり。

豚肉とタマネギの肉野菜炒めを元にアレンジしていけばレパートリーが増えて行きますよ。

料理サイトやレシピを見るといろいろな材料に行程があったりしますが、慣れてきたらチャレンジしたくなると思います。
そうなったらどんどん難しいレシピにチャレンジしていきましょう。

「スポンサードリンク」

-一人暮らしの料理