生活

窃盗は犯罪!傘が盗まれやすい場所、盗難防止の対策をご紹介!

傘を盗られたことありませんか?

お店に入って出てみたら無かったり。
小さいサイズの傘や壊れた傘と交換されてたり。
買って1回しか使ってない傘を盗まれたりもしたことあります。

ですので試行錯誤を重ねて傘を盗まれないようにしました。

今回はそちらをご紹介します。

「スポンサードリンク」
  

窃盗は犯罪です!

傘を盗む人の心理なんてまったく知りたくもないですが、おそらく学生の万引きのノリなのでしょうか。
万引きもちゃんと「窃盗」って言葉で呼ぶようにすれば重さがわかると思うんですが、
ほんと軽い気持ちで持って行くんでしょうね。

でも人によっては家族や友人の思い出が詰まった大切な傘の場合もあるでしょうし、
使い慣れたお気に入りの傘の場合もあるでしょう。

たかが傘、と感じる時もありますが、人の大事なものは人それぞれですものね。

盗んでいる人はそれだけ大切なものに手を出しているってことを分かって、もうしないで欲しいです。

しかし盗む人は盗みますし、大事な傘は自分で守らなければなりません。

自己防衛するにはどうしたらいいのでしょうか。

傘が盗まれやすい場所

まずは傘が盗まれやすい場所はどこかっていうのを把握することです。

把握することによってその場所を訪れる際に身の回りを注意することが出来ますし、傘を守ることにもなります。

傘は誰もが手の届く範囲にあれば盗まれる危険性はゼロではありません。
しかしよく盗まれる場所とあまり盗まれない場所というのはあります。

特に注意する場所は、

・コンビニ
経験者もいらっしゃるかもしれませんが、コンビニは非常に盗られる可能性が高い場所です。

まず多くの人が行き来し、傘立てが入り口、特に外に設置していることが多い。
店舗でもビニール傘を売っているので店から出て傘をさすしぐさが自然にできる。

また近所の住民が着の身着のままやってきやすい雰囲気のため高級な傘をわざわざ探して使用する人より玄関にあるビニール傘を使って来店するでしょう。
そのため傘立てには似たような透明もしくは白のビニール傘が乱立する形になり、窃盗されやすくなります。

・スーパー
次に近所の食品スーパー。こちらも多いですね。
コンビニと同じく店の入り口に傘立てを用意しているところが多く、夕方の時間帯とかになると多くの来店者の傘がささっています。

ただスーパーはコンビニと違って子供連れの親子も多く、小さい子供が見ている前ということもあるのか、比較的少ないように思えます。

またスーパーは警備員や私服警察官の巡回があるので、小さい店舗に少ない店員のコンビニと比べて傘泥棒を監視しやすいのかもしれませんね。

逆によくあるのが傘の取り間違いでしょうか。
ただ意図的に傘を取り間違え、よりきれいな傘を持って帰られることもあるので注意したほうが良いですね。

「スポンサードリンク」

・自宅の前
上記2つは買い物の際に盗まれているケースですが、実は家の前に置いている傘も盗まれやすいです。

雨の日に濡れた傘を室内や玄関に放置するとカビの原因になるため渇くまで外に干す人もいると思います。盗人はそれを持って行きます。
特にマンションなどの集合住宅は注意が必要です。

以上3つが特に盗まれやすい場所です。
というより、事実私が盗まれた場所です。。。

共通点としては室外や店外などプライベートスペースや共有スペース外に置いている場合に盗まれやすいです。
事実店内の傘立てなどでは心理的なものなのか盗まれたという話をあまり聞きませんね。

しかしやはり外に傘立てを設置しているお店が多いので、対策が必要になります。

盗難防止の対策

ではどのようにすれば盗まれにくくなるのでしょうか。

以下、いくつかの方法を紹介します。

・店内に持ち込む
これは一番の防犯ですね。常に携帯する。肌身を離さない。
デパートや大きな商業施設だと濡れないように傘袋を用意しているところもあるので活用します。

しかしスーパー、コンビニなどだと傘袋を設置しているところがあまりない。
その際に濡れたまま店内に入ると床が濡れたり商品に傘が当たったりするんですよね。
楽しい買い物をしにきたつもりがお店に迷惑をかけてしまう。そうなるのも申し訳なく思います。

傘袋が用意されていたら持ち込みますが、無い場合はちょっと悩んでしまいますね。

・普通の傘を常に使う
ビニール傘じゃない場合は盗まれる比率が圧倒的に低くなります。
ビニール傘の人が多くなってきたので傘立てとかも同じようなものが多いから持って行かれやすいのでしょうか。

しかし、中にはビニール傘じゃなく普通の傘すら盗む人がいます。
盗む人はどういう神経しているんでしょうね???普通の傘ですよ?まあビニール傘も盗んじゃダメなんですけど。

・持つ部分にアクセサリーを付ける
私はこれで劇的に持って行かれにくくなりました。
昔の職場の女性がやってたんですが、髪をまとめる「シュシュ」を持つ部分にくるくるっと巻くだけで盗まれなくなったとか。

私はさすばにシュシュは恥ずかしいので合皮の安いブレスレットを見えやすいところに巻いています。

これが本当に効果あって、盗人も持って行きにくいんでしょう。
そのアクセサリーがそのまま持ち主のものという証拠にもなりますからね。

それに盗人からしたら自分が濡れなければなんでもいいハズ。
わざわざアクセサリーが付いている傘を狙おうとも思わないのでしょう。

まとめ

盗む人が悪いんです。そんな人がいなければ何も困らない。
しかし実際に盗む人がいるときは、自分の傘は自分で守らなければなりません。

何か参考になれば幸いです。

「スポンサードリンク」

-生活