車の運転

ペーパードライバー必見!車庫入れのコツ。焦らず広いスペースから!

2017/05/21

車庫入れや駐車場での駐車で、斜めにならないコツはサイドミラーと前回紹介しました。

車の運転。バック駐車のコツ。の仕方。サイドミラーの見方をご紹介。

ただスポーツと一緒でコツは分かっても慣れるまでいろいろ緊張して上手くいかなかったりします。

運転の練習は助手席に誰もいなかったりしますし、他の車が待ってる状態だと焦ってしまいますね。

今回はそういった焦りや緊張をほぐすコツをまとめました。

「スポンサードリンク」
  

ペーパードライバー必見!車庫入れのコツ

車庫入れ、駐車場のコツは大きく分けて2つあります。

1:左右、向かいの車やブロック塀にぶつからないようにするにはどうすれば。
2:まっすぐに停車するにはどうすれば

そして 2:のまっすぐに〜はサイドミラーを見て後退するのがコツというのは前回ご紹介しました。

車の運転。バック駐車のコツ。の仕方。サイドミラーの見方をご紹介。

また1:のぶつからないようにするっていうのは体感的に車幅を覚えて行くしかないでしょう。

しかしやっぱり緊張するのが、こっちが停めるのをまっている他の車がいるとき。

その場合焦りますよね。
そして駐車だけじゃなくクラブ活動や仕事もそうですが焦っている時って凡ミスが出ちゃいます。

そういった時はどうしたら良いでしょう。

それは、どうしようもないです。
身も蓋もない言い方ですが、上達ってのは一瞬にして成り得ないものです。

ただ対策はあります。
焦りの気持ちを抑えれば良いのです。

それが何か。というのは私の体験談ですがご紹介します。

車庫入れ時は焦らない。

焦りの気持ちを抑えるコツ。
それは他の車を(失礼ながら)無視することです。

車を運転する上で一番大事なのは安全です。
自身もそうですが、歩行者や他の車の運転手に対して事故等なにもない状態が、当たり前なんですが理想です。

「スポンサードリンク」

普段の毎日の交通情報なども交通事故などで負傷とかニュースがありますが、
全国で何人もの人が車の運転をしているので、その中で事故が起きているのは仕方ないといえば仕方ないのですが、
それでも日々無事故無違反で運転をしているのが当たり前ですが奇跡とも言えます。

これは駐車の時も同様です。
慣れない時は焦りますし、焦れば焦るほど事故率が高まります。

ですが安全に駐車停車するのが一番の理想で求められることですよね。

ですので、そこで大事なのは、まずバックで進む時ですが、
基本的に運転手である貴方が思っているほど外野から見たら速度は遅くありません。
よく運転手的に遅いからってブレーキを弱めますが、そのぶん車止めに当たった時に衝撃が半端無く強いです。
車止めに当たった時の衝撃が強いなー。と思った場合、それ、速度が早いです。

ギアを「R」に入れて、後方に進む時、本当にゆっくりでもかまいません。
思っているよりよそから見た場合もそんなにスピート出ていませんので。
逆に運転手がこれくらいって思っているスピードでバックしている時は端から見るとめちゃくちゃスピード出てます。
それこそ安全運転とはかけ離れていますのでゆっくりすすみましょう。

それで他の車が待っている場合。
無視しましょう。
その運転手も昔は未熟だったんです。
いま苦労している貴方の時期を過ごして上達していったんです。
もし文句言われたら顔だけ申し訳なさそうにぺこぺこ誤って心で文句言っていたらいいです。
正直、他人の運転技術に文句を言う人に運転する資格なんてありませんから。

ですので外野がなんと言おうと無視して自分の運転を安全に遂行することだけ意識しましょう。

車庫入れは広いスペースから。

ゆっくり進んで駐車するのは基本中の基本ですが、やはりコツといいますか練習は何度も繰り返しやって初めて身に付きます。

そこで練習するコツですが、やはり最初は広いスペースを確保できる駐車場。
広いスペースである程度慣れてきたら狭い駐車場や、両サイドに車が停まっている駐車場での練習が良いです。

当たり前のことですが、最初から狭い場所で練習するとなればなんどもハンドルの切り返しが必要ですし、
その時に他の車がやってきたらめちゃめちゃ焦ります。
最悪事故ってしまいます。

ですのでなれるまでは恥ずかしくても広い駐車場か、両サイドに車が停まっていない場所を意図的に選びましょう。

まとめ

駐車場はいつか必ず上手く停めれるようになります。
それが早くできるか遅くできるかだけの問題ですので焦らずじっくりゆっくりでも練習しましょう。

最後に練習する順番ですが、
まずはまっすぐ停める意識をして練習、
その次に車止めまでちゃんと下げて深く停める練習、
その両方に慣れてきてから素早く停めることを練習する。

その順番で練習すれば素早く慣れるでしょう。

「スポンサードリンク」

-車の運転