生活

洗濯物の部屋干しのコツ。干す際の場所と便利グッズをご紹介。

梅雨の季節になるとジメジメしてちょっとおっくうになりますね。

そしてそんななか悩みの種なのが洗濯物。

ベランダで干したいのに連日のように雨だとちょっと。。。

子供のころは雨が降るとなぜかテンション上がってずぶ濡れのまま外で遊んだりしていましたけど、
あのテンションはどこに行ったの?と思えるくらい大人になるとテンション下がりますね。

今回はそんな雨の日の洗濯物、部屋干しの対策をまとめました。

「スポンサードリンク」
  

洗濯物の部屋干しのコツ

部屋干しの際の注意点としてはやっぱり湿気です。

外に干す際は外気にあたり乾いて行きますが、部屋干しの場合は湿気の逃げ場がないので乾きにくい状態になります。

そして生まれるのがあの嫌な生乾きの臭み。
あれ不快ですよね。
そしてそのシャツ等着ていると友達としゃべっていても相手にも匂いがばれるんですよね。
そして不潔呼ばわりです。

だから梅雨の時期じゃなくても普段から部屋干しじゃなく外干しの人も多いと思いますが、

コツさえ分かれば普通に部屋干しで問題なくなります。

もちろん外干し、というより太陽光を浴びた服やタオルの方が心地より香りと暖かさを保持するので本当に良い天気の時は外干しがオススメですが、

基本私は寝具以外はずっと部屋干しでしたね。

ちなみに部屋干しのメリットはすぐに取り込めて畳めます。
そして急な天候の変化があっても濡れる心配がありません。
あと強風で飛んで行く心配もないですね。

また女性の場合は盗難の危険がありません。

こういう感じで私はずっと部屋干し続けてます。

部屋に洗濯物を干す際のオススメの場所

まず一つ目のコツとしては「場所」です。

当たり前ですが寝室はNGです。
布団などの寝具に湿気が移りカビの原因になります。
布団やベッドはもともと寝ている際の汗がしみ込んでいたりしますのでそれに加えて洗濯物の湿気が足されると危ないですね。

同じようにクローゼットやタンスなどがある部屋も服に湿気が移りやすいから控える方が良いですね。

干す場所ですが住居は人によってまちまちですので一概に言えませんけど、
例えば浴室に干した方が良いといっても換気扇がなかったりしたら乾きませんし。

「スポンサードリンク」

ですので消去法になりますが洗濯物を干す部屋はリビングなど広めの部屋がオススメです。

リビングはお客さんを呼びますし、そんなときに洗濯物を見られたくないという方は脱衣所などでも良いでしょう。

湿ったらダメな衣類や寝具などがない開放的な部屋がベストです。

部屋干しに役立つ便利グッズ

開放的な部屋に干してもやはり外干しよりは乾きにくいです。

そこで早く乾く便利グッズです。

ネットにもいろいろ書かれていますが実用的な効果があるかどうか怪しいものもある中、私は主に2つだけ使ってます。

・扇風機
湿気を取るには風の流れを良くするのが一番です。

電気屋さんやネット販売でも扇風機のカテゴリ内にサーキュレーターが売ってたりしますが、
サーキュレーターとかだとより強風で流れを作れるので効果的です。

サーキュレーターや扇風機を洗濯物に向けて風を当ててあげると乾きが早くなります。

ただ風を当てようとすると一方だけしか当てれませんので、もしサーキュレーターなら真上に向けることが出来ますので干している洗濯物の真下に置いて全体に風を当てるとより効果的です。

・新聞紙
これは良く言われてますね。
新聞紙は湿気を取る効果があるので、押し入れやクローゼットの中に置いておくと衣類のカビ防止になります。

そんな新聞紙を干している洗濯物の回りに敷き詰めると新聞紙が湿気を吸い取り乾きやすくなります。

ただ新聞紙はインクが使われているので洗濯物にインクが移らないように通気性の良い布製の袋などで包んでおくほうが良いですね。

まとめ

まとめますと、
・広めの開放的な部屋
・扇風機と新聞紙を活用
で部屋干しでも、あの嫌な生乾きの臭いにならないよう乾かせます。

ただ上記をちゃんとしても干している洗濯物が密集していると風の流れが悪くぜんぜん乾きません。

ですので洗濯物はスペースを空けて風が通る道を作り、風が当たる面積を広く作る必要があります。

風の道と面積を広くするようにすれば一年中部屋干しでも大丈夫です。

最後に。
シャツはちゃんとアイロンかけたほうがキレイになりますよ。

「スポンサードリンク」

-生活