車の運転

車の運転のコツ。駐車場の練習。ハンドル操作や切り返しなど。

2017/05/21

車を運転すると必ずやってくるのが駐車です。

帰ってきたときもそうですし、お店に寄ったときも。
どこかに入る際は必ず車を停めますが、その駐車が苦手な人がけっこういます。
ていうか久しぶりの運転をする人はけっこう駐車が不安だったりします。
私もそうでした。

ありがたい(?)ことに私の場合は久しぶりの運転が社用車で、会社の駐車場がありえないくらい狭かったので嫌でも駐車の練習になりましたが。。。

今回は駐車の練習方法をまとめました。

ちなみに過去、交差点の右左折の記事はこちら。

車の運転時の左折のコツ。ハンドルやブレーキのタイミングを紹介。

車の運転。バック駐車のコツ。の仕方。サイドミラーの見方をご紹介。

「スポンサードリンク」
  

駐車のコツ。その前に。

※ あくまで私の個人的な主観ですので参考程度に考えて頂ければ幸いです。

駐車のコツはなにか。と考える前に。大前提として必要なのがあります。

それは、車の幅です。

これは場数をこなさないとわかりませんが、車の幅がある程度わかるようになれば、運転席から車の前方の角をみた感じ、
「こりゃいけるな。」
と分かるようになります。

もちろん慣れても最初は、あれれ?これ当たるんじゃない??っていう不安に襲われ、結局こする事もなく胸を撫で下ろすんですが。。。

とりあえず、後述するようにコツはあることはあるのですが、特にやや狭い駐車場に車を停める時は車体の幅をある程度把握できているのが前提となります。

もちろん車体幅を把握せずとも停めれます。狭いところでも可能です。
ですが車って少しこすっても修繕費にけっこう大きなお金かかりますよね。
よそ様の玄関や柱をこすったりしたら費用は桁外れになります。

ですので個人的な主観ですが、慣れるまでは前から停めれる本当に大きな駐車場にしか停めないように心がけるほうが良いと思います。

駐車のコツ。ハンドル操作。

コツですが、駐車の時はたった一つ感覚を覚えるとたいがいキレイに駐車できます。

それは、ハンドルの切り返しです。

「スポンサードリンク」

実際、車の操作はハンドルの切り返しでほとんどできますし、教習所ではS字カーブとか走ったと思います。

ですがそもそもハンドル操作や切り返しがいまいち分からない人もいると思います。

だって言葉で言ったってこれほんとよく分かりませんし説明が難しい。

だから、切り返し操作こそ場数。つまり経験すればするほど上達するものなんです。

そしてやり方は…とにかくハンドルを右、もしくは左に回らなくなるまで限界まで回す!
(回すのはブレーキを踏みながら、つまり車を止めながらです。)
そして少しずつブレーキを離すと右側、左側、どちらかにゆっくり進みます。
すぐにブレーキを踏んで車を止め、反対側にハンドルをめいいっぱい回す!
そしてブレーキを離すと…さっきとは逆方向に進みました!

そしてこの切り返し、前進と後退をハンドル切るごとに交互にすると車の向きが変わります。
例えば…
ハンドル右にめいいっぱい回す!
少し前進。
ハンドル左にめいいっぱい回す!
少し後退。
…以下続く。

もちろん前進と後退を繰り返しているので1点を中心にぐるぐる回る訳ではありませんが、これで車の方向転換ができます。

そしてこれこそが駐車場で向きを整え、駐車スペースに車を入れる方法なんです。

駐車のコツ。練習方法。

ここまでで駐車時に必要な方法はまとめました。

ですが切り返しなんてやったことが無い人がいきなり駐車場でやってみるとけっこう出来なかったりします。
それに大通り沿いのコンビニやスーパーなどなら良いのですが、時間貸し駐車場とかになると他の車がわんさか停まっていたり。
そんな中で不慣れな切り返しをして、もしコツンとぶつけてしまったら…もう想像したくもありませんよ。

ではどんなところで練習するのが良いのでしょうか。

それは、広いスペースがあればどこでも練習可能です。

極端な話、貴方が乗る車がいつも停まっている駐車場で切り返しの練習をしても良いでしょう。

車が3台ほど通れるスペース(対向車と余裕をもってすれ違えるレベル)で切り返しの練習をするのがいいかもしれません。

3台といわずもう少し広いスペースなら方向転換の練習をして、入ってきた道から出るような練習も良いでしょう。

毎回書いていますが、車の最も上達する練習方法は場数です。

ハンドルの切り返しも何度も練習して、このように動かせば車はこう反応する!という感覚がつかめたらもう大丈夫です。

まとめ

ハンドル操作や切り返しなど言葉だけ読むと非常に難しそうなイメージがあったりしますが、やってみたらどうってことはないものばかりです。

車の運転なんてそんなもの。

いざ運転してみるとどうってことはありませんよ。

もちろん鉄の固まりですし、毎年悲しい事故が起こっています。
我々運転する側は常に細心の安全に気を配って運転すべきなのですが、一度でも自動車免許証を取得したことがある人にとって、
車の運転って実は身近なものです。

少しずつ上達して素敵なドライバーライフを堪能しましょう。

「スポンサードリンク」

-車の運転