イベント

喪中ハガキはいつまでに出す?書き方や相手から年賀状が届いた場合の対応。

2017/02/26

年末になると年賀状の用意が忙しくなりますが、身内に不幸があった場合は年賀状ではなく喪中ハガキになります。

今年大事な家族がお亡くなりになられた方には心からお悔やみ申します。

ここでは喪中ハガキの原則などをまとめました。

「スポンサードリンク」
  

喪中ハガキはいつまでに出す?

原則として喪中ハガキは、お相手が年賀状を投函される前に届くようにするべきです。

もともと喪中とは「新年を祝える気分でありませんので挨拶を控えさせていただきます」という意味であります。
そのため新年の挨拶というべき年賀状を出さなくても失礼にならない。という考えです。

また喪中ハガキが届いた方も新年の祝いの挨拶である年賀状を控えてくださるでしょう。
そのためお相手が年賀状を作成する前に届くように送るのが理想的です。

年賀状の作成は12月に入ってからご用意される方が多いので、もし可能でしたら11月までにお届けできるように送られるのが良いでしょう。

喪中ハガキの書き方は?

いざ文章を書こうとしましても、どのように書けば良いか悩まれることもあると想います。
お送り先の方へ失礼の無いように、となると、

亡き○○(実父)が○年○月○日に永眠(もしくは他界)致しました。
ここに長年賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼を謹んでお願い申し上げます
平成○年○月

このような文面で問題ありません。

「スポンサードリンク」

それでも文章作成に不安があるようでしたら、郵便局に喪中用のハガキも販売しています。
またネット上でも文章のサンプルなどがありますので活用してみてください。

新年に相手から年賀状が届いた場合は?

年内に喪中ハガキを出しても、入れ違いなどで年賀状が届くこともあります。
その場合は寒中見舞いでご挨拶しましょう。

喪中ハガキと同じく寒中見舞いも出す時期がありまして、1月7日以降になります。

もともと寒中見舞いは「冬場の寒い時期に季節の挨拶状として用いられたのが始まり」とも言われています。
松の内、つまり、松飾りを飾る1月7日までに挨拶が出来なかったお相手に対して、寒中見舞いでお詫びを入れて新年のご挨拶をするものでした。
それに合わせて喪中の為年賀状が出せなかった旨を書けば良いでしょう。
期間としては上記に記載した1月7日から立春(2月4日頃)までに出すものとなっています。

まとめ

喪中ハガキとは正式名称「喪中欠礼」書きます。お祝いのご挨拶は受け取りますが、こちらからのご挨拶は控えさせていただきます。という意味が有ります。
もともと喪中とは悲しくてお祝いする気分になれないという意味なので、新年を祝えない=年賀状を送れない。という意味に繋がります。
ですので知人の方から入れ違いで年賀状が届いたとしても特段失礼に当たるわけではありませんが、送っていただいた方に気を使わせない為にも早めの喪中ハガキを用意しましょう。

「スポンサードリンク」

-イベント