イベント

GW!ゴールデンウィークに天皇誕生日?昭和の日とみどりの日の以外な関係。

2017/02/26

4月も終わりに近づくと大型連休が始まります。

4月29日から5月5日迄のゴールデンウィーク。

で、4月29日の「昭和の日」ってどんな祝日なのでしょうか。

ということで調べてみたら、5月4日の「みどりの日」とも密接な関係が合ったようです。

「スポンサードリンク」
  

ゴールデンウィークの祝日

まず、現在のゴールデンウィークの祝日はどれだけ有るのでしょうか。

4月29日:昭和の日
5月3日:憲法記念日
5月4日:みどりの日
5月5日:こどもの日

上記4日間の祝日が集まっている状態です。

そこに1週間のうち週末の土日が学校も会社も休みのところが多く、月曜から金曜の平日に上記4つの祝日が入り連休が続いてゴールデンウィークになりますね。
その際に日曜と祝日が重なると振替休日となって翌日以降の平日が休日になります。

日本の祝日は2016年に「山の日」が祝日になったことにより計16日ありますが、
そのうちの4つが一時期に集中しているのだからそりゃ大型連休になりますね。

ちなみに今では一部のテレビや雑誌以外では一般的に使われている「ゴールデンウィーク(GW)」という言葉は昔に映画業界が作り広めた言葉だそうですね。

ガッツ石松さんが広めたガッツポーズみたいですね。

4月29日は天皇誕生日だった

ゴールデンウィークの祝日の数と名称はわかりました。
日本も含めて各国の祝日はすべて国の歴史に重要な意味や由来があるケースがほとんどです。

では4月29日の「昭和の日」にはどういう意味が有るのでしょうか。

これは平成時代の前、昭和時代に学校に行っていた人ならわかるそうですが、4月29日は当時の昭和天皇陛下のお誕生日だったそうです。
(現在の天皇陛下の誕生日は12月23日です)

昭和当時、4月29日が天皇誕生日として祝日となっており、そこから平日を挟んでいるとはいえ連休になる割合が多く、
その後、憲法改正で祝日と日曜が重なり振替休日になるようになると昭和天皇のお誕生日から始まる連休は大型連休へと変貌していきました。

「スポンサードリンク」

そうやってゴールデンウィークと共に祝っていた4月29日の天皇誕生日は1989年に昭和天皇が崩御されるまで続きました。

5月4日のみどりの日も天皇誕生日?

1989年1月7日、昭和天皇が崩御されると新しい天皇陛下が即位され、それと同時に天皇誕生日も新しい今上天皇の誕生日である12月23日になりました。

しかしもともと昭和天皇の誕生日に合わせて昭和記念日などの行事も多く、また一部では大型連休のゴールデンウィークの一端を担っていた祝日をなくすのもどうか。という声が上がり、名称を変えて祝日として続けようとなったようです。

その時の名称が「みどりの日」

えっ?5月4日と同じ祝日の日?
となりますが、当時の5月4日は祝日でもなんでもない、普通の「平日」でして、「国民の休日」という特例で休日扱いとされていました。
つまりこの時はまだ5月4日は名前のない平日だったのですね。

この時、4月29日は「みどりの日」として祝日、
5月4日は「普通の平日」ですが、「国民の休日」として休日。だったわけです。

ですがもともと昭和天皇の誕生日を祝っていた4月29日ですが、「みどりの日」という名称だと意味合いが弱いなど様々な理由で「昭和の日」という名称に変わったのでした。

そして、この時はまだ「国民の休日」ではあっても、「祝日」ではなかった5月4日を晴れて「みどりの日」にすることで、正式に祝日となったのでした。
ですので古いカレンダーを見たりすると4月29日に「みどりの日」と書かれていたりします。

「昭和の日」と「みどりの日」には密接な関係があったのですね。

ちなみに昭和天皇は自然や緑を愛していたのでみどりの日という名称がつけられたとか。。。

まとめ

学生時代とかだと祝日=学校が休み。ということで遊びに行ったりしていましたが、祝日の名称や意味などを考えたことがなかったです。
昔から遊び優先の子供でしたので。。。

こうやって祝日の意味を感じながら過ごしてみると素敵な日になるかもしれませんね。

「スポンサードリンク」

-イベント