イベント

ひな祭り代表的な食べ物は?アレンジ品はどうやったらできるかご紹介。

2017/02/26

3月に入ると春の訪れを感じ始めますね。

そんな中最初のイベントに「ひな祭り」があります。

イベントごととなると行事特有のごはんがありますがひな祭りの場合は何でしょう。
またその由来は何なのでしょうか

「スポンサードリンク」
  

ひな祭りとは

もともとは日本の文化、習慣である節句行事があり、その一つとして「桃の節句」があります。
節句には季節ものがそれぞれあり、ひな祭りも春に近いため桃と呼ばれたのだとか。

もともとは古い時代の貴族のお遊びや占いに人の形をかたどった人形を川に流す習慣がありました。
当時は大人の習慣でしたが長い年月で子供のイベントへと変わっていったのでしょう。

邪気を払う行事として行われていたのがひな祭りで飾るひな人形の元となっております。

代表的な食べ物は?

・はまぐりのお吸い物
昔の人々ははまぐりの貝は「貝あわせ」という遊びで楽しんだと聞きます。
はまぐりの貝は対になっている貝殻でないと合いません。
このことから将来の良い伴侶と巡り合えるようにという縁起物として喜ばれています。

・ちらし寿司
ちらし寿司といえばひな祭りの定番ですが、ちらし寿司自体にひな祭りを表すものはなさそうです。
ちらし寿司の具材である、エビ、豆、レンコンなどが縁起物として喜ばれています。

「スポンサードリンク」

・ひなあられ
ひな祭りの代表的なお菓子ですが、原料となっているお餅が腹持ちもよく、子供たちが健やかに育ってくれるようにとの祈りが込められているといわれています。
またひなあられの鮮やかな色は4色=四季を表しているとも言われています。
一年中、健康に、との気持ちがお菓子に詰まっているのでしょうね。

・甘酒
もともとは米や麹を熟成させた白酒が飲まれていたようですが、女の子の行事というイメージが強まるにつれアルコールがない甘酒が主流になっていったようです。

そのほか、ひな人形と一緒に飾られているひし形の三食お餅も厄を払う食べ物として好まれています。

上記以外のアレンジ品は?

以上が主な定番のひな祭りメニューとなりますが、好き嫌いの多い子供もいるでしょう。
また体質的に魚介類がダメな人はハマグリやエビが苦手だったりします。

そういう人にはアレンジされた食事もネット上には多数レシピが載っていたりしますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
やはりひな祭り=春の訪れをイメージしやすく、春野菜を使ったレシピが多く、ハマグリを使った魚介系、さくらでんぶを使用してピンク色の春らしい食事なども多いです。

魚介系が苦手だったとしても色鮮やかなちらし寿司やお吸い物はありますし、
好きな食材を使っていろいろアレンジしてオリジナルのひな祭りメニューを作るのもいいですね。

まとめ

せっかくの桃の節句、ひな祭りですから、ひな祭りっぽい食事を、好きな食材を使って楽しんでみましょう。

「スポンサードリンク」

-イベント