イベント

恵方巻きとは?由来や方角の意味、具材の決まり事は?

2017/02/26

「恵方巻き」

近年全国的に流行った節分の行事ですね。

節分の時期に太い太巻き寿司を特定の方向を向いて食べるそうですが、
その向きは毎年異なります。

なぜ年によって異なるのでしょうか。
また巷では恵方巻きとしてロールケーキとかも販売されていますが、具材や素材に決まり事などはあるのでしょうか。

今回はそこら辺をまとめてみました。

「スポンサードリンク」
  

恵方巻きとは?

そもそも恵方巻きの文化ですが、その年の恵方(吉方)に向かって太巻き寿司を黙々と食べる文化として伝わっています。

黙々と、=一切声を出しては行けないですし、早く食べれば食べるほど運気とのご縁が良くなるとも言われています。

由来としては関西地方で節分をお祝いする際にお寿司を丸かぶりして商売半焼を祈ったのが始まりとされています。

そして節分の日は季節の変わり目を意味しており、現在、節分を言われている2月上旬は立春の日になり、

昔の人は立春が新年とされていたので、恵方巻きは、新年のお祝いで太巻き寿司を丸かぶりしていたのかもしれません。

そして恵方巻きの「恵方」は、その年の最も良いとされている方角のことで、その方角に歳徳神がいると言われています。

恵方巻きは無言で食べ願い事を叶えてもらうと言われていますが、この歳徳神に願い事を叶えてもらうということになります。

これが、簡単ではありますが恵方巻きの詳細になります。

恵方巻きの方角の意味

では恵方巻きの方角についてまとめてみます。

恵方巻きの方角ですが、特定の方角ではなく、毎年異なる方角になります。

その方角に歳徳神がいらっしゃるということになるのですが、その方角はどのように導きだされるのでしょうか。

方角の元になっているのが十干といわれる数詞になります。

十干は古代中国の王朝から使用されているものになり、細かい計算式は省きますが、その年の方位は、

「スポンサードリンク」

西暦の「1」の位で決まっています。

0:西南西
1:南南東
2:北北西
3:南南東
4:東北東
5:西南西
6:南南東
7:北北西
8:南南東
9:東北東

という感じで方式が決まっています。

つまり恵方巻きの方角の意味は、歳徳神のいらっしゃる方角ということになります。

恵方巻きの具材について

恵方巻きの方角に関しては歳徳神がいらっしゃる位置になりますが、

では恵方巻きの具材は何か決まっているのでしょうか。

最近では恵方巻きのロールケーキや海老フライを巻いた恵方巻きなどが販売されていますが、

本来は七福神にあやかって7種類の具材を巻いているのが一般的になります。

また7種類の定番具材となっているのは、

しいたけ
うなぎ
かんぴょう
えび
だし巻き
でんぶ
きゅうり

となっています。

…ですが、

じつは定番具材とは言いますが、地域によってまったくバラバラです。

ある地域ではうなぎの代わりにあなごだったり、

でんぶの代わりにおぼろだったり、

けっこう近い食材が選ばれていますが、正月のお雑煮の具材みたいに地域の特色が出ている感じで組み合わせが異なっています。

ですが共通するのが七福神にあやかった7種類というのが習慣としてあるようですね。

これ!といった決まった具材はなくても7種類を巻けば立派な恵方巻きになりそうですね。

まとめ

途中で出てきた歳徳神ですが、歳徳神と言えばお正月の門松などは、自宅の場所を歳徳神に教える為に飾られていますし、

節分の豆まきも元々は吉方の方角に家を移す習慣があったと言われています。

節分の日が昔の新年を祝う行事というのも何かしらの縁で、恵方巻きも新年を祝う行事だったかもしれませんね。

今年も新年?に向けて願い事をしてみましょう。

「スポンサードリンク」

-イベント