旅行

一泊二日の必需品はなに?荷物は少ない方がいい理由をご紹介!

2017/02/26

「旅行」

自分の家からある場所へ遠出する旅行。

私は大好きです。

ですが毎回持って行く荷物などで悩んでしまいます。

今回は持って行くカバンや荷物を考えてみました。

「スポンサードリンク」
  

一泊二日旅行の必需品は?

旅行の荷物って多くなりがちです。

旅先で「あぁぁ、あれ持ってきたらよかったぁ!」とならない為にあれもこれも入れてしまいます。
でも結果、一度も使わず帰ってきたりすることも。

ですがこれは必ず使うっていう必需品を列挙します。これはカバンに入れましょう。

・携帯電話:
…これは使いますね。

・財布:
…これも必要ですね。

・肌着
…下と上それぞれ1着ずつ。2日目着用しますよね。

・メイク道具
…これは女性だけですが。

実は絶対に必要な必需品とはこれだけです。

つまり男性なら3点、女性ならたった4点をカバンに入れたら最小限の一泊旅行は可能という訳です。

これは運転免許証や保険証、クレジットカードなど貴重品は財布に入っていると仮定し、
一泊二日の宿泊先がホテルや旅館などだった場合は洗顔道具が備わっているからです。

ここから、条件付きで必需品になるものをリストアップしていきます。
ここからがより旅行を豪華に、そして荷物を多くしていきます。

・コンタクト用品もしくは眼鏡ケース:
…視力が良い人には関係ない話ですが、目が悪い人は絶対に必要なものです。

・洗顔料、整髪料など
…これは宿泊先の洗顔道具ではなく気に入ったものを使いたい場合、
もしくは宿泊先が友人宅などの場合に必要になります。

・シャンプー、コンディショナーなど
…上記と同じく気に入ったものを使いたい場合もそうですが、
例えば洗髪料さえない宿泊施設や、銭湯を利用する予定の場合必要ですね。

・歯ブラシ、歯磨き粉
…これも洗顔料やシャンプーなどと同じ内容です。
とくに電動歯ブラシを愛用している人は必需品になってるかもしれませんね。

・携帯電話の充電器
…けっこう忘れがちですし、宿泊施設で借りたりできますが、持参した方が良いでしょう。

・手帳、メモ帳
…仕事のスケジュールなどを記入していれば必要になりますね。私は使っていませんが。

・靴下、服
…ようやく来ました。おそらく誰もが一番悩む荷物ですね。
そして一番かさばり邪魔になるにも関わらず、一番大事なもの。必要ですね。
ほとんどの方が服でカバンの大半を占めているのではないでしょうか?

そして他に、あったら便利なモノをピックアップしてみます。

・ポケットティッシュ、ハンカチ
…急にお鼻からお水が流れたり、ネバネバしたものを触ったりしたときに便利ですよね。
カバンに一つは入れておきたいものです。くしゃくしゃになりますが。

・虫除けスプレー
…実はこれ、アウトドアじゃなくて室内でも虫が入ってきたりした場合にやっぱり助かります。
自宅でハッカ油と水で手軽に作れたりしますがあれば便利です。

こんなところでしょうか。
けっきょくあれもこれもと書いていればカバンに入れる量が多くなり、本来の目的から離れて行きます。

必要最小限のモノだけをリストアップしてみました。

旅行時の荷物を減らすコツは?

ではここからは、上記に記載した荷物の量を減らして行きましょう。

まずは、一番かさばるこちらから。

・服
…せめてパンツと靴は同じ物を使用しましょう。
可能なら上着(コートなど)も初日と二日目は同じ物を着用しましょう。
まれに初日と二日目で頭のてっぺんからつま先まですべて新調する方も見受けられますが、やめておきましょう。
いえ、もちろんモデルやファッションデザイナーなどの職業柄どうしても、というのなら大賛成です。
しかしそういう方は服飾専用のスーツケースもあるでしょうし、行き帰り共に別に配送してます。

しかし自宅から持参する荷物に全部詰め込むくらいなら宿泊先に二日目の服だけを配送しましょう。
そして二日目に初日着た服を自宅宛に配送しましょう。

その方が精神的なストレスなく旅行を満喫できます。

「スポンサードリンク」

・洗顔料、シャンプーなど
…これらは100均などでも売っている小物入れに詰め替えて持って行きましょう。
最近の洗顔料や化粧水などはガラス瓶に入っている物も多く、重くてかさばります。
しかし詰め替え容器に入れ替えて持参するとコンパクトになり重くない。
これはスーツケースだとしても後述するようにスペースを空けるために充分活用できます。

・歯ブラシ、歯磨き粉
…最近はコンビニなどでも旅行用の歯ブラシセットなどがあります。
けっこう使いにくいですが、いま自宅で愛用しているものがあるならコンパクトケースなどに入れて持って行きましょう。

・その他
…こういった書き方をすると疑問に思われますが、
いま、ここ2〜3ヶ月一切使っていない道具などがありますか?
はさみやテープなどは別ですが、いつか使うだろうと思って残しているもの。
それらは今後も一切使わないでしょう。

同じように旅先でこれは使うかも?と思っていまカバンに入れようとしたもの。
それを使うシーンをイメージしてみてください。
もし頻繁に使うイメージが浮かび上がったら持って行っている方が良いです。

しかしワンシーンやほとんで利用シーンがイメージできなかった場合、
それを持参してもカバンから出す機会はないでしょう。
それ、持って行かなくてもけっこうです。

万一、使うシーンがあった場合は、現地で買いましょう。

なぜなら、イメージしたくても出来なかったものですから、使うシーンがあったこと自体が珍しいのです。
おそらく今後も使う機会はないでしょうが、家に置いておくのなら問題ありません。
しかしカバンに入れて旅先に持って行くのはかさばるのでやめておきましょう。

旅行で荷物を少なくする理由

今まではカバンについつい入れてしまいがちな荷物と、
その中で減らしていける荷物について説明してきました。

でも、実は旅行時のカバンは、
出発時からすでにスペースをガラガラに空けておくべきものなんです。
正確には出発時からスペースをガラガラに空けておく方が非常に助かります。

その理由は…

「お土産」

です。

ある某テレビ番組ではおみやと呼ばれておりますが、

やはり旅行に来た際は、残してきた友人、家族、職場の面々に対して、何か買って行くでしょう。

もちろん会社によってはお土産を買って行くという習慣を禁止している人もいます。
しかし人として、これはあの人が喜びそうだ!あれはあの人が欲しかったやつに似ている!とつい思ってしまうでしょう。

そして気がつけばカバンから財布を取り出し、お土産を買っているでしょう。

…その買ったお土産はどうやって持って帰りますか?
そうですね、カバンに入れますね。

相対的に帰りの荷物は行きの荷物の量より3割増えます。
行きの際に駅弁やお茶、お菓子を捨てるかもしれませんが、それは家から出て買っているものが多いでしょう。

家から持参したものは着用済みの衣類も含めて捨てずに持って帰るはずです。

ですので荷物が減らず、土産用の荷物が増えるため行きより荷物が増えるという結果になります。

上記の理由から、自宅から出発する際、カバンは3分の1以上はスペースとして空けて行くほうが良いでしょう。

まとめ

最後になりましたが、お得なテクニックをご紹介します。

持って行くのがスーツケースなり大きなトートバッグなりどれでもけっこうですが、
必ず小さなセカンドバックやショルダーバックなどサブのカバンを持って行きましょう。

それはホテルなどにチェックインしてからのメインバッグになります。

また化粧水や整髪料用、そして肌着などの着替え用と、初日来た服を入れる用の袋をカバンにいれて最初に分けておくと便利です。
カバンを開けて中を見てもすぐに必要なものがどこにあるか分かります。

2泊3日以上の旅行となると年に何度もありませんが、逆に1泊2日となれば仕事の関係も含めて1年にけっこう多いはずです。

その際により快適に過ごせるようにまとめてみました。

ストレスなく楽しめるのを心から願っています。

「スポンサードリンク」

-旅行